キャッシングの限度額は年収で決まる

消費者金融会社でキャッシングする時は、個人で契約する必要があります。
基本的に申し込む時に自分で、金額を指定することで、その金額に対しての審査をされますが、この金額は実は個人の年収と深く関わっています。
それは、消費者金融会社で貸すことのできるお金というのは、限度額が決まってします。
法律によれば、消費者金融会社においての総量規制として年収の約3分の1が限度額となっています。
よって、年収が300万円の人は限度額は100万円ということになります。
また、年収が900万円の人は限度額が300万円ということになります。
そこを頭に入れてキャッシングの契約をすると、申し込む時に無駄な労力を使う必要がなくなります。
超えた金額で申し込むこと自体は問題ありませんが、審査の段階で必ずそこは指摘される項目になります。
申し込んで、審査の回答を得る時には、単に回答のみをもらうのではなく、いくらまでなら契約できますということを、担当者から伝えてもらえるので、その審査回答を得た段階で、当初の予定を変更して申し込むことができます。
その結果次第で金額を決めることも可能なので、最初はとりあえず高めの金額を申告することもありです。
この限度額というのは、消費者金融会社だけなので、銀行でキャッシングすることにより、その制限を受けることはありません。
銀行のキャッシングは、多少審査に時間がかかりますがそのような利点もあるので、活用することもできます。