月別アーカイブ: 2014年6月

キャッシングの計算方法や金利は?

キャッシングの金利の計算方法は非常に簡単です。
金利の計算方法は、基本的に法律によって一律に決まっているものですので、金融機関が勝手な方法によって決めて良いものではありません。
キャッシングは、銀行が提供しているような大口のローンとは異なった金利の法律が適用されますので、非常にわかりやすい形でお金を借りることが出来るのです。
そもそも、キャッシングと言うのは少額融資のサービスの総称のことを言いますので、一般の消費者を対象として融資のサービスになっています。
そのため、一般の消費者に対して不利になるような利息は絶対に適用されませんので、安心して利用することができます。
実際に、キャッシングの金利と言うのは融資をする金額によって上限金利が決まっていますので、それを参考に計算することになります。
例えば、1万円の融資ならば元金に対して最大で20%の利息を請求することが出来るのですが、10万円以上になると18%の利息しか請求することが出来ません。
上限金利を法律で最初から決めておくことによって、後から面倒な計算をすることを避けているわけです。
また、金利を実質年率で表記しなくてはいけませんので普通の融資ならば必要になる保証金などを計算に入れる必要もありません。
そのままの利息の請求となりますので、後から勝手に付加価値的に上乗せすることもできないわけです。
このように、キャッシングの計算方法というのは非常にわかりやすいのです。